使用期間に注目してカラコンを購入しよう

カラコンの種類に注目する

カラーコンタクト通称カラコンには、多くの食品に存在する賞味期限のように使用期間が存在しています。食品にも種類によって賞味期限が違うようにカラコンにも使用期間の差があり、それを上手に使い分けることでカラコンを長く無駄なく使えるようになります。また使用期間を守るということは自分の目にかかるダメージも軽減できるので、目の病気にかかりやすくなるリスクを減らすことにも繋がります。
カラコンには「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」の二種類があります。ドラッグストアやスーパーで見かけるカラコンの多くは後者のソフトタイプがほとんどで、ハードタイプは医療機関で眼鏡同様の視力補正の医療品として販売されています。世間でカラコンと呼ばれている物のほとんどはソフトタイプといっていいでしょう。

使用期限を使い分ける

カラコンの使用期間を大まかに分類すると「ワンデー」「マンスリー」「ワンイヤー」の三種類になります。ワンデータイプは開封し装用してから一日まで、マンスリータイプは開封し装用してから一ヶ月まで、ワンイヤータイプは開封し装用してから一年までとなります。ワンデータイプは所謂使い捨てのカラコンなのでお手入れの心配はありませんが、眼科に行くという意識が低くなりがちになってしまうので注意しましょう。マンスリータイプ・ワンイヤータイプなどの使用期間が長いタイプのカラコンは、ワンデータイプよりも買う頻度は減りますがその分日々のお手入れが大変という面があります。自分のライフスタイルやカラコンの使用頻度などを考慮し、どのタイプが自分に合っているのかまた衛生的に使用できるかを使用期間と上手く付き合いながら選んでいきましょう。